302円日記

日記とか考える練習とか

SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY 『2007.05.09』TOUR

先ほど音楽のことは書くかわからないと発言したけど生まれながらのあまのじゃくなので早速音楽のことを書く。

ブログ記事の題名のツアーに行ったのです。6月23日札幌公演。バンドはサカナクション。彼らは今が絶頂期なのだろうか。いや、絶頂はもう過ぎた?紅白出た頃が絶頂?そんなことはどうでもいいのだけど、自分はもう何回目か忘れたくらいライブに足を運んでいる。そして相変わらず今回も満員。客層は学生からスーツを来て仕事帰りそのまま来たと思われるサラリーマンからご夫婦まで様々。

デビュー10周年ツアーということで昔の曲もちらほら演奏されたので今回は初めてライブ中に涙がポロリ。ポロリってカタカナで入力したらオッパイがポロリしたみたいじゃないか!でもひらがなで打つ術を私は知らない!どうやってもこのパソコンはポロリをカタカナで自動変換してくるぞ!

話逸れたんですけど、やっぱり照明の使い方がめちゃくちゃ上手い。どうやったらみんなのテンションが上がるかわかってる。『ユリイカ』という東京をテーマにした曲があるんだけど、白黒で東京の景色が流れるのが切なくも美しくてとても良い。この曲を聴いて思うのは一郎さんは北海道好きなんだろうなといつも勝手に思う、なんとなく。

アンコールではセットリストに入らなかった曲をくじ引きで決めるというもの。札幌二日目では『ワード』と『アムスフィッシュ』だった。どちらもセカンドアルバムからの懐かしの名曲。ワード大好き芸人の私はくじでこの曲が選ばれた瞬間変な声が出て後ろの人に笑われたが、聴きたいという願いが叶い嬉しかった。

ライブ終了後、3時間ほど札幌の街をうろつき、NFというこれまたサカナクションが主催しているイベントへ。ひたすら彼らと愉快な仲間達がクラブミュージックを朝までかけてる踊るというイベントなのだが、この日生まれて初めて年齢を感じたかもしれない。疲れて踊れないのだ。人の多さで息もしづらい。飲めない酒を飲んだせいもあるのか睡魔に羽交い締めにされてるようだった。開始2時間ほどでいそいそと会場を抜け、セブンの蒙古タンメンを路上ライブのお兄ちゃんの歌を聴きながら食べた。そして岩盤浴の休憩スペースで泥のように寝た。次回はライブ後じゃなくて昼寝をたっぷりした後に参加したい。